田無神社

メインビジュアル
ホーム > お知らせ

お知らせ

2016年 8月 27日(土)

■ 8月28日(日)テレビドラマ撮影のため境内の通行(ご祈祷等)を制限させていただく場合があります。

※本殿前通行止め等の理由でご参拝いただけない時間帯がございます。

テレビドラマ撮影(朝6時より終日予定)のため、ご参拝やご祈祷をお待ち頂きたり、境内の通行を制限させていただく場合があります。また、授与所を休止させていただく場合があります。

ご参拝の皆様には大変ご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、事情ご賢察のうえご了承下さいますようお願い申し上げます。

8月28日(日)本殿ご祈祷は次の時間帯を予定しております。

第一回 11時45分

第二回 13時45分

※撮影状況により大幅に時間帯がずれ込む可能性がございます。

(テレビ朝日さんより放送予定)

2016年 8月 20日(土)

■ 七五三衣装(レンタル)展示会のご案内

8/20土、8/21日、9/17土、9/18日、9/19月

田無神社参集殿において10時から16時の間、七五三衣装展示会を実施します。

ご予約無しでお越しいただけます。

※例年通り、本展示会に出席しなくても持ち込みの衣装等で七五三参りにお越しいただくことが可能です。

詳細はこちらから↓

http://www.maimu.co.jp/753/hall.php?id=12

2016年 8月 17日(水)

■ テレビドラマ撮影のためご参拝の皆様には大変ご迷惑おかけいたします。

テレビドラマ撮影のため、次の期間の時間帯によりましてはご参拝やご祈祷をお待ち頂いたり、境内の通行を制限させていただく場合があります。また、授与所を休止させていただく場合があります。

ご参拝の皆様には大変ご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、事情ご賢察のうえご了承くださいますようお願い申し上げます。

・8月27日(土)午後7時〜午前10時

・8月28日(日)終日

2016年 8月 11日(木)

■ 平成28年例大祭の日程について10/8(土)10/9(日)

田無神社例大祭 総代世話人会にて、日程及び神輿渡御(予定)が決定されました。

10月8日(土)宵宮12時から22時ごろ  万燈神輿出御予定 18時に田無駅前より出御

10月9日(日)本宮10時から22時 ごろ 本社神輿出御予定 11時より田無神社本殿前より出御

来る10月8日(土)宵宮、10月9日(日)本宮として例大祭を斎行いたします。本社神輿は本宮の午前11時に宮出、午後4時に宮入です。これに併せて、大太鼓も巡行いたします。保育園、幼稚園のお子さまには太鼓曳きに参加頂けます。本宮当日の神輿巡行に間に合うように集合して下さい。※予約は必要ございません。

また、2年ぶりに宵宮の18時より田無駅前より万燈神輿が出御いたします。

西東京市の絆

例大祭は毎年行われる祭祀のうち、 最も重要とされる日であり、厳粛な神事です。本宮では午前10時に雅楽の音が響き巫女舞が奉仕される中、例大祭祭典が厳粛に斎行されます。引き続き神幸祭が執り行われ、5時間かけて「本社神輿」が田無の町を練り歩きます。田無神社例大祭は西東京の歴史であり、文化であり、そして田無に住む人々の魂です。例大祭に参加することが日本に伝統を受け継ぎ未来に繋がることになります。日本の伝統を守る、継承していくためにも、例祭日にどうぞご参拝下さい。

境内催し物、神輿巡行図など、詳細決定次第追ってご紹介いたします。

2016年 8月 9日(火)

■ ポケモンGOをご利用の方へ(外国人参拝者の方へ)

ポケモンGOをご利用の方へ
(外国人参拝者の方へ)
<Are you playing Pokémon Go?>
Japanese people love insects. Not just their appearances and shapes but their songs are entertaining for us. It is a very common experience for a Japanese to catch a cicada or a cricket and keep it in a cage to enjoy its beautiful singing. When cicadas start singing, we take it as an indication that the rainy season is over and the summer is in full swing. When you hear a beautiful voice of Suzumushi (bell cricket), you know that the summer is towards its end. Japanese people perceive the tones that insects produce in an aesthetic sence. Paired with the sence of seasons generated by rain, temperature, humidity, etc., the sounds make you feel sentimental.
These days, a smartphone app “Pokémon Go” is globally in trend. I myself is captivated by this game, and achieved level 19 within the first week of release. When I found and captured Dratini in the premise of Tanashi Jinja, I actually gave out a cry of joy. Now it is a common site that many people walking around in Tanashi Jinja with smartphones in their hands to collect Pokémon (the characters in the game). But those Pokémon which are to be captured with monster balls are nothing but artificial products. How advanced are the AR and VR technologies that our phones incorporate, it is still difficult to appreciate Pokémon in an aesthetic sence like we do for many wild insects and animals including cicadas, butterflies, and birds that are found in Tanashi Jinja. If you are to come visit with your children to capture Pokémon in our premise, please tell them such a difference before sending the Pokémon to Professor Oak. We welcome you playing Pokémon Go in Tanashi Jinja. You can enjoy the game safely without walking. And be advised that at the Pokémon gym at Tanashi Jinja, the best of my beloved and well-trained Pokémon is waiting for you!

オススメコンテンツ

トップへ戻る