田無神社

メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社

開かれた神社

 田無神社は鎌倉期の創立以来、田無の地で皆様とともにありました。日本文化の魂を宿す神社として日本の伝統文化を伝えるべく、また、地域社会との絆を深めるべく新たな試みを行っています。開かれた神社として、さまざまな祭事・イベントの様子をお伝えします。

2017年 7月 1日(土)

■ Mikoshi of Yagisawa Tsushima Shrine (English)

<<Mikoshi of Yagisawa Tsushima Shrine>>

Mikoshi, portable shrine, of Yagisawa Tsushima Shrine starts moving at 1:00 pm on Sunday, July 9th.

It will arrive at Tanashi Jinja around 1:30 pm. Honzya Tennosai then starts soon in front of Tsushima Shrine within the premise of Tanashi Jinja.

Although only authorized people can attend the ritual, but you are allowed to watch it nearby. After the ritual, Mikoshi will parade through the streets of Yagisawa, then Kankosai will be held near the Yagisawa Underpass around 5:00 pm.

<What is Mikoshi?>

Mikoshi is a vehicle of a god who goes out of his/her shrine. Japanese gods aren’t always reside in their shrines. Once a year at a festival, gods ride on Mikoshi to go out and absorb all the disasters and Kegare to purify them. Once finished, they go back to their respective shrines.

 

The festival on July 9th is that of Yagisawa Tsuhima Shrine, and not of Tanashi Jinja. The festival of Tanashi Jinja will be held on October 14th and 15th.

2017年 7月 1日(土)

■ 七夕時會出現大型竹叶隧道(中国語)

<七夕時會出現大型竹叶隧道>

七夕是日本人從孩童時期就很熟悉的一個盛大的節慶活動。七夕的由來有很多說法,其中最淺顯易懂的應該就是銀河的傳說了吧。

<銀河的傳說>

很久以前,有一個叫做織女的很擅長紡織的女孩,還有一個叫做牛郎的放牛小伙。兩個人相遇後立即陷入熱戀、結婚後幸福的生活在一起。可是兩個人只在意彼此,慢慢的就不再工作了。為此而惹怒了天上的神明,在兩個人的中間製造了一條很大的河流(銀河)。被拆散的兩個人努力的工作,只有每年的

7月7日這一天才被允許可以相會。其實7月7日前後的夜晚,仰望東邊的夜空的話就可以看到非常明亮的星星。用西方的命名來說的話,織女就是天琴座的Vega

星,牛郎則是天鷹座的Altair星。並且,因為竹葉自古以來在日本就被認為具有生命力頑強,可以去除魔障的功效所以也被用於祭神儀式中。

現在,在被稱為7月7日的籤條上寫下自己的願望,將籤條

綁在竹葉上就可以許下一年的心願。田無神社內,用竹葉和竹子製成的巨大隧道會在六月下旬至七月中旬期間展出。竹葉上會綁著五顏六色的風鈴和大家許下心願的籤條。請一定要試試看穿過這個美麗的絢爛繽紛的隧道。

2017年 6月 19日(月)

■ 狛犬移設工事が無事に終わりました

狛犬移設工事が無事に終わり、湯沢石材様、けやき園様ご参列の下、境内整備御報告祭が斎行されました。

 

 

 

 

 

2017年 6月 19日(月)

■ わんぱく相撲都大会へ向けて出稽古が行われました

6月18日(日)に都大会へ出場する、わんぱく相撲中野場所、町田場所で好成績を収めた子供達が大鵬土俵で出稽古を行いました。

 

 

 

 

 

2017年 6月 19日(月)

■ 小出蒐先生「龍神」拝殿に御奉納

小出蒐先生が切り絵作品「龍神」を拝殿に御奉納されました。

 

 

 

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る