田無神社

メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社

開かれた神社



 田無神社は鎌倉期の創立以来、田無の地で皆様とともにありました。日本文化の魂を宿す神社として日本の伝統文化を伝えるべく、また、地域社会との絆を深めるべく新たな試みを行っています。開かれた神社として、さまざまな祭事・イベントの様子をお伝えします。

2018年 7月 4日(水)

■ 「特別展示」切り絵作家小出蒐先生「一楽萬開」御奉納

「特別展示」切り絵作家小出蒐先生「一楽萬開」御奉納

「特別展示」7月1日(日)より7月31日(火)

参集殿入り口にて

切り絵作家小出蒐先生「一楽萬開」御奉納

 

2018年 6月 27日(水)

■ ビオトープ稲作始めました

4月25日より、参集殿中庭において「ビオトープ稲作」を始めました。

収穫した稲穂を、10月の例大祭でご奉納する予定です。

 

 

 

 

2018年 6月 16日(土)

■ お焚き上げ場の灰出しを行いました

お焚き上げ場の灰出しを行いました

 

 

 

2018年 6月 16日(土)

■ 尉殿神社に賽銭箱が奉納されました

尉殿神社野口総代が尉殿神社拝殿前に賽銭箱をご奉納下さいました。

 

2018年 6月 16日(土)

■ わんぱく相撲都大会へ向けて出稽古が行われました

都大会へ出場する、わんぱく相撲西東京場所、中野場所、新宿場所で好成績を収めた子供達が6月5日(日)に大鵬土俵で出稽古を行いました。

 

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る