田無神社

メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社 > 夏越大祓式「茅の輪作り」の様子

開かれた神社

2016年 6月 12日(日)

■ 夏越大祓式「茅の輪作り」の様子

6月30日(木)午後3時斎行 巫女舞有り

どなた様でもご参列頂けます」

田無神社では、例年「水無月大祓」の神事を斎行しております。

この「水無月大祓」は、私たちが日常生活で知らず知らずのうちにおかした罪(つみ)穢(けが)れや禍(わざわい)を一年の半分にあたる6月30日に形代に移して祓い除き、身も心も清々しく健康で幸せな生活を願う日本の伝統的なお祓いの神事です。

日  時 平成28年6月30日(木)午後3時より斎行

茅の輪作りの様子です。

2016年 6月 12日(日)

■ お焚き上げ処工事の様子

5月末より焚き上げ処コンクリート入れ替え工事を行なっております。工事は石井工務店様の御奉納により、夏越の大祓式に間に合うように進めております。

2016年 6月 12日(日)

■ 瀧川鯉ん 二つ目昇進祝賀披露公演会の様子

次世代を担う若手落語家

西東京市在住の落語家、瀧川鯉ん先生が今春めでたく二つ目への昇進を果たされました。二つ目昇進は、一人前の落語家としてとして認められた証しであり、紋付袴を着用することができるようになります。瀧川鯉んさんは、平成23年3月に瀧川鯉昇に入門し、平成24年4月に上席本前座となりました。落語芸術協会所属で、浅草演芸ホールや池袋演芸場、新宿末廣亭などの寄席を中心に活躍されております。

この度、地元の若者である瀧川鯉んさんを応援しようと、西東京映画祭などを主催運営している西東京シネマクラブ様より声があがり、お祝いの会を兼ねた落語会が5月29日(日)に田無神社参集殿において盛大に行われました。瀧川鯉ん先生を応援する50名以上の氏子崇敬者が集い、賑々しく開催されました。

2016年 6月 12日(日)

■ 社務所工事の様子

昨年夏より田無神社社務所工事が行われております。本年8月までに、瓦張り作業、石畳が完了し、朱色の明るい綺麗な社務所を参拝者の皆様方にお披露目できる予定です。写真は工事の様子です。

2016年 6月 12日(日)

■ 西側参道「冠木門」新建

冠木門新建

奉納 田無神社 筆頭総代 村田利夫殿

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で倒壊した境内西側の鳥居が、災害に耐えられるよう冠木門(かぶきもん)として田無神社筆頭総代村田利夫殿の御奉納により再建されました。施工設計は湯沢石材株式会社によるものです。

写真は工事の様子です。6月中旬頃に完成する見込みです。

オススメコンテンツ

トップへ戻る