田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社 > 切り絵作品「疫病退散の婀魔毘依(アマビエ)御奉納」

開かれた神社


2021年 2月 4日(木)

■ 切り絵作品「疫病退散の婀魔毘依(アマビエ)御奉納」

切り絵作品「疫病退散の婀魔毘依(アマビエ)御奉納」

西東京在住の切り絵作家、小出蒐先生が国土の安寧とコロナの終息を願い、切り絵作品「疫病退散の婀魔毘依(アマビエ)」を田無神社に御奉納されました。
2月5日〜2月11日まで参集殿入口に、2月12日から拝殿に展示をいたします。
龍にまたがる擬人化されたアマビエの姫が、剣を振りかざし、コロナの魔を打ち祓う様子が描かれています。勇ましく描かれたアマビエの姫が、コロナの災いを根絶してくれるでしょう。
切り絵作家
小出(こいで) 蒐(しゅう)氏
西東京在住の切り絵作家。
妖艶さを帯びた凛とした女性像の切り絵を得意とする。著書〜作品集 琥珀艶の光と影、平家物語絵巻の制作中 等 朝日新聞のカレンダー(西東京市内の名所旧跡など)日本で初の切り絵によるアニメ制作〜放映(日本の昔ばなし)個展〜ニューヨーク日本ギャラリー、東京芸術劇場など多数。

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る